トップペーj 書籍リスト 雑誌リスト 営業案内 お問合わせ
  芸術  政治学  語学  農学  法学  工学  心理学  教育学  経済学  経営学  文学

特定商取引法の表示
文学

 
タイトル:ダニエル・デフォーの生涯と時代
サブタイトル:疫病・大火・陰謀・反乱・革命
著者:織田 稔
発行:2021年5月2日
定価:9,000円+税
ISBN:978-4-909848-03-1
サイズ:A5
ページ数:504頁
概要:ペストの大流行とロンドンの大火というイングランド王国未曾有の大災厄、さらに国王暗殺の謀略の発覚、王位の推定継承者であるジェームズのイングランドのカトリック国家への再生の野望、プロテスタント王国堅持をめざすモンマス公擁立派の抵抗がこれにつづき、両派の葛藤対立はモンマスの反乱で頂点に達し、セッジモアで激突、ジェームズがこれに勝利してカトリックへの偏向がすすむ。この機を捉えてオレンジ公ウィリアムのイングランド進攻となり、名誉改革に至る。デフォーもモンマスの反乱にも積極参加、乱後の戦犯者リストにもリストアップされるなど、王政復古から名誉革命までのイングランド激動の30年を活写している。

★レビューを読む
  



 
タイトル:小谷城主浅井長政の謎 なぜ、信長に刃向かったのか
サブタイトル:
著者:香水 敏夫
発行:2020年7月9日
定価:1,200円+税
ISBN:978-4-909848-02-4
サイズ:A5
ページ数:200頁
概要:1570(元亀元)年4月、長浜市の小谷城を拠点とする戦国武将、浅井長政は越前(現在の福井県)の朝倉氏を攻める織田信長を背後から急襲した。妻のお市の兄である信長に、長政はなぜ刃向かったのか。長政の反抗の理由としては、信長に攻められる不安や信長に面従腹背していた将軍足利義昭の策略などが論じられてきたが、従来の説に物足りなさを感じていた郷土史家の著者は、当時の書状やその背景を独自の視点で分析し、文字に残らない口頭のやりとりも推察しながら本書にまとめている。

★レビューを読む
  



 
タイトル:愛のかたち
サブタイトル:たんぽぽの咲くころ手紙をください
著者:イノウエ−スミス ユキコ
発行:2016年1月15日
定価:1,000円+税
ISBN:978-4-946428-79-1
サイズ:四六判
ページ数:186頁

★レビューを読む
  



 
タイトル:名高き海賊船長シングルトンの冒険一代記
サブタイトル:
著者:ダニエル・デフォー
訳者:織田 稔・藤原 浩一
発行:2015年12月1日
定価:3,300円+税
ISBN:978-4-946428-78-4
サイズ:A5
ページ数:358頁
概要:本邦初訳のダニエル・デフォーの物語小説。『ロビンソン・クルーソー』ばかりがもてはやされるデフォーだが、その裏の姉妹編『海賊船長シングルトン』も、キャラバンを組んでのアフリカ大陸横断の大冒険からスパイス諸島への一攫千金の海賊行脚まで、非日常世界の冒険談として遜色がない。そこで展開される行動倫理も皮肉と逆説に充ち、まさにデフォー独自の負のユートピア探検航海譚である。

★レビューを読む
  



 
タイトル:随想集 万年筆の藪入り
サブタイトル:
著者:塚野 耕
発行:2015年9月16日
定価:1,000円+税
ISBN:978-4-946428-76-0
サイズ:175×110mm
ページ数:150頁
概要:

★レビューを読む
  



 
タイトル:続ねこたんか
サブタイトル:ガブリンとパンプキンジュニアのものがたり
著者:イノウエ−スミス ユキコ
発行:2015年2月23日
定価:1,200円+税
ISBN:978-4-946428-72-2
サイズ:四六判
ページ数:144頁
概要:ひとなつこい野良猫パンプキンの産んだ二匹の里親となった中年夫婦。前歌集『ねこたんか―にひきの猫の眼に映ったわが家』では、パンプキンとの運命的な出逢いから始まって、仔猫たちが満一歳になるまでの夫婦とのふれあいが綴られた。今回の歌集は、その続編作品419首(日英対訳短歌22首を含む)と猫の写真24枚を収録。小さい島の小さい家で、好奇心旺盛な二匹にふりまわされながらも、若くて元気な猫たちの行動力は、自分たちの日々の暮らしの活力源であると自覚する共働き夫婦。猫と夫婦とのますますのこころあたたまる物語。

★レビューを読む
  



 
タイトル:ねこたんか
サブタイトル:にひきの猫の眼に映ったわが家
著者:イノウエ−スミス ユキコ
発行:2014年8月1日
定価:1,300円+税
ISBN:978-4-946428-69-2
サイズ:四六
ページ数:182頁
概要:猫を飼うのは「老後」と決めていた中年夫婦が、たまたま出逢った、たいそうひとなつこい野良猫に魅せられ、その野良猫が産んだ赤ちゃんたちの里親となる。こうして、とても小さい家で、人間二人と猫二匹が、(おおかたは)仲良く暮らす生活が始まった。そんな仲良し同居とは、やる事なす事すべて猫にかきまわされる毎日であった。猫が里親を必用としていたように、夫婦は猫を必用としていた。自分たちの人生には猫がなくてはならないと実感した夫婦は、ユーモア感覚でしかも猫を愛する気持ちを失うことなく、二匹の猫がひきおこす多くの問題に立ち向かう。本書(日本語文と英語文の対訳)は、英語学習者のための副読本として活用できる。

★レビューを読む
  



 
タイトル:随想集 絵の華・本の華
サブタイトル:
著者:塚野 耕
発行:2014年7月26日
定価:1,450円+税
ISBN:978-4-946428-70-8
サイズ:175×110mm
ページ数:292頁

★レビューを読む
  



 
タイトル:みんな夢
サブタイトル:みそひともじを抱きしめて
著者:イノウエ−スミス ユキコ
発行:2014年3月11日
定価:1,200円+税
ISBN:978-4-946428-65-4
サイズ:四六
ページ数:248
概要:そこは戦争を埋め立てた日本人のための楽園であった。観光者として訪れたなら、こぎれいな応接間(青い海と白い砂浜)に通されて帰国するであろう。就労者となると汚れた台所(日常生活の現場)が眼に入る。その汚れにどっぷりと浸かって生きて来た。日本人の貌をもつゆえのかなしみ、孤独のエネルギーを糧として生きた歳月の重さ。その悲哀の日々に一段落をつけたかった。そのために着手した書である。地道に精進していれば必ず誰かが見ていてくれるということも伝えたかった書である。

★レビューを読む
  



 
タイトル:獺の祭
サブタイトル:風土記風随想集
著者:塚野 耕
発行:2012年2月14日
定価:1,500円+税
ISBN:978-4-946428-51-7
サイズ:112×176 mm
ページ数:326頁

★レビューを読む
  


次のページへ
Copyright(C) 2005 Union Services. All Rights Reserved.