トップペーj 書籍リスト 雑誌リスト 営業案内 お問合わせ
  芸術  政治学  語学  農学  法学  工学  心理学  教育学  経済学  経営学  文学

特定商取引法の表示
お勧め書籍

 
タイトル:Rehabilitation for MCI and Dementia
サブタイトル:Using Assistive Technology to Support Daily Activities
著者:Kiyoshi Yasuda
発行:2022年2月28日
定価:4,500円+税
ISBN:9784909848130
サイズ:B5変
ページ数:248頁
概要:This book succeeds in solving some responsive behaviors such as anger, getting lost, and asking repetitive questions by using electronic Middle-Tech ATs, such as a Sony IC Recorder and Voice guidance. Although non-electronic Low-Tech ATs such as diaries and wearable memo-pads are indispensable for supporting persons with MCI/dementia, they have been mostly overlooked and rarely implemented. The author has created various new Low-Tech ATs, and other High-Tech ATs include a conversation system with anime-agents and a smart mind-sensing system as well as dementia-assistance dogs carrying ATs. For the healthy elderly, two “List of Memory Strategies” are included in the Appendix. A wealth of application ideas using ATs introduced in this book will enhance the quality of rehabilitation services, inspiring improved coping methods for individuals with MCI/dementia, and future studies by researchers and engineers.

★レビューを読む
  



 
タイトル:Evidence Based Policy Making (EBPM) and Data Science in Fisheries
サブタイトル:
著者:Chika Suzuki
発行:2022年3月31日
定価:2,500円+税
ISBN:978-4-909848-16-1
サイズ:B5変
ページ数:284頁
概要:This book contains basic knowledge about evidence based policy making (EBPM) in the areas of fisheries science, mathematics, data science, and artificial intelligence. It also comprises essays that provide the basis for EBPM on fisheries science. Moreover, it includes the research results.

★レビューを読む
  



 
タイトル:日独友好の橋を架けたドイツ人たち
サブタイトル:
著者:ルプレヒト・フォンドラン
発行:2022年6月20日
定価:2,000円+税
ISBN:978-4-909848-14-7
サイズ:A5
ページ数:316頁
概要:1861年、ドイツ(プロイセン)と日本は「修好通商条約」を締結した。同条約は、植民地主義の時代性を反映し、ドイツの国益が優先されたものであった。しかし時間の経過とともに両国の間には対等な関係が築かれ、多くの科学者、芸術家、政治家、そして実業家たちが海をわたり、両国の間に堅固な橋を築いていった。知日家として知られる著者ルプレヒト・フォンドランは、これらの人々を「橋頭堡」と呼ぶ。本書は、20人の「橋頭堡」の人物像とライフヒストリーを通して、ドイツと日本が共有する歴史、両国のつながり、そして守るべきパートナーシップに焦点を当てたものである。それは、過去への逃避ではない。目的は、歴史を振り返ることで、現在の両国の関係のどこに緊張が生じ、脆弱となっているのか、あるいは修復が必要なのかを浮き彫りにすることにある。過去から現在、そして未来へと視線を移していったならば、ドイツと日本の間に近年生じつつある距離を決して固定化させてはならないと著者は説く。

★レビューを読む
  



 
タイトル:日の出ずる国、日の沈む国
サブタイトル:新たなる日本の経済社会モデルを求めて
著者:クロード・ロニアン
発行:2022年7月22日
定価:2,500円+税
ISBN:978-4-909848-12-3
サイズ:A5
ページ数:352頁
概要:本書は日本の経済・社会モデルについて、1898年から今日まで、そしてその未来の見通しまでを論じたものである。タイトルに記された疑問に答えるべく、日本型の産業資本主義が、経営者、労働組合、銀行、国家の役割について、先進国11ヵ国の経済・社会モデルと比較されている。日本経済における本格的なビッグバンは、日本郵政が完全に民営化された2017年に起こったが、これは鉄の三角形として名高いそれまでの政治、官僚および企業経営のシステムを根底から揺さぶることになる。事実、日本郵政の民営化のような、さらなる民営化の波が、これまで伝統的な雇用慣行をこれまで可能にしていた、日本における年功型社会契約に影響を与えている。また、東京証券取引所において、新たなスチュワードシップ・コードとコーポレートガバナンス・コードがそれぞれ2014年と2015年に導入されて以降、大半の日本企業は理事会に最低2名の社外取締役を選任するようになっている。日本の企業内で行われたこれらの大きな改革は、終身雇用、年功賃金、企業内組合といった慣行のみならず、日本型モデルの副次的特徴のいくつかにも直接的な影響を与えている。本書は学際的な研究書として、アジア研究の研究者や学者から高い評価を受ける一冊となるだろう。活力あふれるアジア7ヵ国、ヨーロッパ4ヵ国およびアメリカにおける資本主義のタイプを解説し、これら経済圏の比較検証を行うための共通的枠組みを提供しており、読者に重要な洞察を与えてくれる。そして、国際的なビジネスや国際的企業戦略構築に携わる人々の関心を強く引き、世界各国の経営者や人事専門家にとっても興味深い一冊となるだろう。

★レビューを読む
  



 
タイトル:Land of the Rising/Falling Sun
サブタイトル:The Quest for a New Japanese Economic and Social Model
著者:Claude Lonien
発行:2022年5月31日
定価:3,000円+税
ISBN:978-4-909848-11-6
サイズ:B5変
ページ数:356頁
概要:This book is about the past, present and future of the Japanese economic and social model from 1868. Japanese industrial capitalism is compared to the economic and social models of eleven other developed countries. The Big Bang in the Japanese economy happened in 2017 when Japan Post was privatized and this shook the political, bureaucratic and management system. Since the Stewardship Code was implemented in 2014 and the Corporate Governance Code was introduced in 2015, domestic companies have appointed at least two outside directors to their Board of Governors. These notorious changes implemented inside Japanese corporations effect lifetime employment, seniority wages, enterprise unions, and some secondary features.

★レビューを読む
  


Copyright(C) 2005 Union Services. All Rights Reserved.